自家発電の国策

これからマイホームを持つことに際して、国策として義務付けて欲しいことは、自家発電や省エネの設備を設置することです。

温暖化が進む環境の中では、冷房・暖房がますます強く求められてきます。

夏の季節は家の中でも熱中症で倒れる人も増えてきています。

そのようなことから、空調設備を充実させる必要がありますが、電気代の高騰も懸念されています。

常にエネルギー事情が変化しており、乱高下することを考えると、生活に必要な電気は自分で賄えるようにしなくてはなりません。

今では太陽光発電もありますし、これから燃料電池の技術革新や製品化も進んでいきます。

これらの設備は、各家庭・各個人の判断で設置されています。

新規住宅には、これ等の設備の設置を義務付けることが望まれることです。

但し、経済的な負担が強いられることは間違いありませんので、国からの補助も期間限定的な措置ではなく、無期限による策として法的措置を図って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です