最近の住宅は、鉄筋やコンクリート造りの戸建て住宅が増えています。

その中で、木造住宅のニーズが少なくなりつつありましたが、国土交通省を始めとする国からの補助金もあり、あらためてニーズが増えてくることが期待れています。

林業の再生等が目的ですが、国内の資源を有効的に活用すると同時に、資源保護や活性化も狙いにあります。

木造住宅は、鉄筋造りの住宅と比べて、耐久性が高く定期的なメンテナンスを行えば、鉄筋造りよりも何倍も耐えうることができると考えられています。

しかも、気密性の高い現代の建築材と比較しても、日本の風土や気候にマッチした住宅であるとも言えます。

日本古来の建築物が木材でできており、何百年もの風雪に耐えていることを考えてみると、納得できることと思います。

現在の住宅着工に関する国策は省エネについての補助もありますが、木材を有効利用することで、業界の活性化も視野に入れた策として、大いに期待するところです。

PR:工務店向け集客ノウハウ , 生命保険の口コミ.COM , 生命保険の選び方 , クレジットカードの即日発行じゃけん , お家の見直ししま専科 ,健康マニアによる無病ライフ , 女性向けエステ.com , マッサージのリアル口コミ.com , 住宅リフォーム総合情報 , 英語上達の秘訣